· 

こころの癖2

みなさま、こんにちは。

 

愛知県にあります

カウンセリングルームFineの夏目です。

 

前回の「こころの癖」について

お話していきたいと思います。

 

なにか事が起きると、ついつい考えてしまうこと。

ありませんか?

 

例えば、、、

失敗するたびに

『自分はダメな人間だ』

考えていたり。

 

そう考えると

『自分はダメだ』と考えるその度に

悲しくなって

落ち込んでしまいますよね。

自分で自分を傷つけている「こころの癖」です。

 

Fineでは

そのような「こころの癖」との

上手な付き合い方をご一緒に模索していきます。

 

考え方は様々あります。

ある時には、そのように考えた方が良い時もあります。

しかし、またある時には

そのように考えすぎて、自分がつらく感じる時もあります。

 

具体的に例を挙げてご説明すると…

『自分はダメだ』という考え方。

自分を振り返って、自分の現状を知るには

よい考え方と言えます。(メリット)

しかし、いつでも自分を否定してしまうと

「どうせ自分はダメだから…」と

前向きな活動が生まれてこなくなり

負のループに陥ってしまうのです。(デメリット)

 

 

「こころの癖」は

自分で気付いていないこともあります。

癖なので、そう考えるのが当たり前になっている

事が多いのです。

 

まずは、ご一緒に癖を見つけ出していきましょう。

それが第一歩です。

 

 

考え方が変われば

行動が変わってきます。

 

考え方、感じ方を自分の中で

コントロールすることにより

自分を傷つけずに生きていけます。