· 

こころの癖1

みなさま、こんにちは

 

愛知県にあります

カウンセリングルームFineの夏目です。

 

 

なにか悩みや心配事、気になることはありますか?

 

 

おそらくほとんどの方は

YESと答えるでしょう。

そして、その内容のほとんどは

人間関係がらみ

なのです。

 

人間は動物と違って言語によるコミュニケーションが可能な生物です。

せっかく会話して

こころが分かり合えるようにつくられているのに

結局のところ

通じ合えず、人同士のコミュニケーションに疲れてしまう…

それが現状です。

 

それはなぜなのでしょう。

 

 

考えてみると

こころがあるからではないでしょうか。

 

同じものを見ても

感じることや

考えることは

ひとりひとり違う。

 

それって本当は素晴らしいことだと思うのですが

うまく作用できていなくて

すれ違い、自分や他者を傷つけてしまい

悩んでしまうケースが多いのです。

 

たとえば

自分が人よりダメに見える、というこころがあって

人と関わると、自分はダメだという気持ちが強まって疲れてしまう。

さらにそこで、他者からのキツイ一言が加わると

責められているように感じてしまったりするのですよね。

 

もちろん、人と人とのコミュニケーションの問題は

もっとたくさんの種類があるし

もっともっと複雑なものですが。

 

↑でご紹介した例は

コミュニケーションの問題でありながら

自分自身のこころの癖の問題だったりします。

 

そのこころの癖についてはまた次回以降お話しますね。

 

それではまた。