問題解決について

みなさま、こんにちは。

 

 

愛知県にあります

カウンセリングルームFineの夏目です。

 

さて、本日はアメリカの組織的コミュニケーションの専門家

ポール・G・ストルツが提唱する問題解決法についてご紹介します。

 

クレーム対応のテクニックとして

利用されることもあるそうです。

LEAD法

と呼ばれていて

4つのステップから出来ています。

 

1・LISTEN(聞く)

2・EXPLORE(掘り下げる)

3・ANALYZE(分析する)

4・DO(行動する)

 

それぞれの頭文字をとって

LEAD法、と呼ばれているわけです。

 

 

 

もう少し詳しくご説明しますと

 

例えば、

AかBか?で悩んでいるとします。

 

1・Listen=聞く

自分の内面の声に耳を傾けます。

何が問題なのか、

なぜAかBで悩んでいるのか?

感じている思いや考えをノートに書き出します。

また、周囲の人に意見を聞いてみてください。

 

 

2・Explore=掘り下げる

1で浮かび上がった課題や迷いを解決する方法を

自分なりに冷静に考えてノートに書き出してみます。

脳は、目に見えるものが好きと言われています。

自分の思いや考えを視覚化することにより

問題点や課題、自分の気持ちの再確認もできます。

実際のカウンセリングにおいても

思いを書き出すことを勧めることがあります。

脳内の視覚化については

コチラもご覧ください!!

 

 

 

3・Analyze=分析する

1、2で書き出した問題や解決方法を冷静に分析し

自分なりに解決策を見い出すように努めます。

 

 

4・Do=行動

3で考えた自分がとるべきだと感じた態度を実行に移してみます。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

なんだかどこかで聞いたことがあるような方法かもしれません。

 

 

聞いたことはあるけど実践したことは無いという方

聞いたこと無いという方はもちろん、ぜひ実践してみて下さいね。

 

考えている内容を周囲の人に相談できる内容ではない場合

カウンセリングルームにお越し頂いてもOKですよ。

ご一緒に、問題について考えてみましょう。

 

 

 

 

カウンセリングルームFine

 

夏目