· 

男性の更年期障害

みなさま、こんにちは!!

 

愛知県豊田市にあります

カウンセリングるルームFineの夏目です!!

いつもお読みいただきまして

ありがとうございます★

 

さて

今回は「更年期」についてお話ししましょう!

 

更年期障害、と聞くとどのようなことが思い浮かぶでしょうか?

 

 

多くの方は

閉経を迎えたことにより

ホルモンバランスが崩れた女性に訪れる身体および精神的不調

などとお答えになることでしょう。

 

確かにそうなのです。

 

しかし!

男性にも更年期障害があるのです。

 

女性の更年期障害には「エストロゲン」という

女性ホルモンが関わっています。

年齢とともに、エストロゲンの分泌量が減少することにより

不調を引き起こすのです。

 

男性の更年期障害には「ストステロン」という

男性ホルモンが関わっています。

 

お察しの通り、このテストステロンの分泌が減少することにより

不調を引き起こします。

しかし、男性の場合は急激な変化として現れることは殆どありませんが

頭痛、めまい、肩こり、性欲減退

などの症状があります。

 

女性の更年期障害については

ホルモンのバランスをコントロールしたり

漢方などで楽になる、などといったデータもありますが

これも非常に個人間で大きく差が広がりますので

ご自身に合った治療を探すのが一番良いでしょう。

 

男性については

加齢も要因の一つですが

生活習慣の改善することで楽になる可能性があるそうです。

最もテストステロンの分泌に関わるものは

ストレスです。

 

ストレスを感じることにより

血圧、血糖値が上昇し

脳下垂体から「ホルモンを出すな」という指令が出るのです。

また、不規則な生活も、テストステロン減少の要因となります。

具体的には、不規則な生活、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙などです。

 

 

また、男女ともに適度な運動が必要になってきます。

 

運動には、抗うつ剤を服用するのと同じくらい

不安を解消する効果があるそうです。

 

身体のため、心のため、健康のため、運動は非常に重要ですね★